• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

鍼灸の優しい不妊治療

2022年1月4日

鍼灸のやさしい不妊治療
すぐに始められること

女性がリラックスしている

病院で不妊治療をしているけれど、なかなか着床しない、出産にいたらない、最高レベルの生殖医療を受けているのにどうしてうまくいかないのだろう。これまでもたくさんのこのような女性とお会いさせていただきました。

そして施術後に私がいつも強く感じることは『まずお体の基礎・土台をしっかり作ることが必要ではないか』ということです。

まずはお体の基礎づくりが必要です

病院での治療は、排卵を促進したり、子宮内膜を厚く保ったりと、ある面ではとても効果的で必要な場合も多くあります。しかしながら、ホルモンが投与されるお体自体の基礎ができていないと、お体が薬に負けてしまって副作用に悩まされたり、不妊治療がとても辛いものになります。お体の基礎ができていれば、むしろ薬も効率よく効果を発揮します。

お体の基礎をつくるとは?

子宮や卵巣の機能を高めるためることはもちろんのこと、全身の手入れが必要です。ひとつのお体は全てに関連しているからです。特に自律神経がスムースに働くように安定させること、腸や肝機能の向上により免疫力を高めること、目や耳や鼻やノドなどの感覚器系の粘膜を強くすること、全身の筋肉のコリや痛みをとり除くこと。全身に手をかけることにより、子宮や卵巣の機能も大きく向上します。

針灸の不妊治療は安心安全です

あたたかい温灸やコロコロ転がすローラー針などのやさしい刺激をたっぷり与えてあげることにより、副作用の心配なく不調を改善していくことができるのが鍼灸治療です。やさしい刺激は着実にあなたのお体にはたらきかけます。ご安心して針灸の効果の大きさを実感してください。

当院の全身からアプローチする針灸の不妊治療

質の良い卵子と着床しやすい子宮粘膜をつくりましょう

質の良い卵子をめざして卵巣の機能を高め、受精卵が着床しやすい強い子宮粘膜をつくることが必要です。下腹部のツボにすえる温かいお灸の刺激は、皮膚の感覚神経を伝わり脊髄で自律神経に反射して卵巣や子宮粘膜の血流などに働きかけます。卵巣の細胞再生もスムースになり、子宮の粘膜は強く厚くなり受精卵のためのクリーンな寝床を作ることができるので、着床率も上がると考えられています。

女性がリラックスしている

免疫力を高めましょう

全身の免疫力を高めることも必要です。肝臓や腸などの内臓の機能を充実させて、免疫細胞をたっぷり作れるようにしましょう。膣から侵入するバイ菌をしっかり抑え込むためです。この免疫力が落ちると、子宮や卵管や卵巣が炎症しやすくなり、炎症後の癒着などにより卵管が閉塞したりすることがあり、妊娠の妨げになることがあります。

自律神経を整えましょう

自律神経を整えましょう。自律神経の働きはホルモンの働きと同じくらい母体づくりに影響するからです。女性ホルモンの働きは妊娠から分娩まで常に不可欠です。脳幹にある視床下部という場所がホルモンの司令塔なのですが、視床下部は自律神経系の中枢でもあり、ホルモン機構と自律神経系はお互いに影響しあって体を調節しています。この意味でも針灸の体表刺激で自律神経を整えることは、ホルモン機構をスムーズに促す大きなポイントと言えます

痛みを解消しましょう

コリや痛みも治療しましょう。コリや痛みはそのものがストレスになるからです。首が痛い、肩がひどく凝ることで、寝つきが悪くなったり、イライラしてしまう。このようなしんどさを解消するのも大切なことです。

鍼灸でリラックスしましょう

お灸やローラー針のやさしい刺激で全身がリラックスします。からだ全体の交感神経の緊張がやわらげば、卵巣や子宮など内臓の働きも良くなります。やさしい針灸の刺激は、脳内モルヒネの分泌にも働きかけて、軽い鎮痛効果も期待できます。針灸の施術した日の夜はぐっすり眠れて、免疫力も高まります。

摩耶はり灸院で販売している温灸

鍼灸による不妊治療は副作用もなく、病院の治療と平行しておこなってもとても効果的です。

ご自宅でできるローラー針と温灸のケアも指導させていただきます。

赤ちゃんにとって居心地のいいママの体づくりを一緒にやっていきましょう。

セルフケアを積極的にやりましょう!

電話でのご予約はこちら
メールでご予約はこちら
LINE登録してご予約できます

Posted by mayaharikyu