• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

更年期障害

2022年5月6日

更年期障害

更年期障害は、閉経前後の女性ホルモンのバランスが変わることでみられる諸症状です。

一般的に、閉経前後の10年、つまり閉経の平均年齢が50なので、45歳から55歳くらいにあたります。

期間は個人差が大きく、閉経をはさんで、数ヶ月から数年、人によってはほとんど症状を認識されない方もいらっしゃいますし、数年に渡って複数の症状に苦しむ方もいらっしゃいます。

女性ホルモンが減ることで、自律神経が乱れて、自律神経失調症と同じような症状が起こります。

(甲状腺ホルモンなど、別の内分泌症状と鑑別は必要です)

よくある症状は、

  • めまい
  • 吐き気
  • 喉の詰まり
  • 頭痛
  • 発汗
  • のぼせ
  • 不眠症
  • 中途覚醒
  • 寝汗
  • 動悸

これら複数が重なることも多いです。

ホルモンの変化を受け止める自律神経が症状を引き起こすので、自律神経を整えることで、症状は軽減する傾向があります。

当院には、婦人科でのホルモン補充療法と併用しながら、鍼灸治療も受けられている方もたくさんいらっしゃいます。

Posted by mayaharikyu