• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

昼寝するのをためらってしまう【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

2022年2月18日自律神経失調症パニック障害

摩耶はり灸院の周辺

おはようございます。

神戸元町の針灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

今日は風が無いので、昨日よりだいぶん暖かく感じます😀

 ***

昼寝をするか、しないか、迷いませんか?

よく患者さんからも聞かれることです。

昼寝をしたら、夜眠れなくなる。

昼寝をしたら、その後に起きにくくなる。

だったら寝ずに我慢をして、夜にしっかり寝た方がいいかな。

それも分かります。

普通の人は、これでもいいと思います。

 ***

でも、自律神経の症状が出ていたら、パニックが出ていたら、どんな形でも眠ることを優先した方がいい。

朝寝(朝一度起きて、もう一度布団に入って寝る)でも、昼寝でも、夕寝でも、眠たかったら寝る。

眠たいのは、脳も体も休みたいから。

そして、脳と体をつなぐ自律神経にとって、眠ること以上の治療法を私は知りません。

自律神経そのものは神経の束なので、それをどうのこうのはできません。

神経がつなぐもの、脳と体、その両方を休ませることで、自律神経も過敏性がとれて、症状がおさまっていくのです。

昼寝や夕寝をすると、確かに夜の寝つきが悪くなるかもしれません。

でも、本当に自律神経が過敏なときは、昼間に寝なくても、夜も眠れないものです😑

自律神経の症状があるときは、眠たいときは、我慢せずにいつでも寝る。

眠ることは一番の治療であることを覚えておいてください🙂

Posted by mayaharikyu