• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

自律神経の症状が出ているときやらない方がいいこと①【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

2022年2月11日自律神経失調症パニック障害

摩耶はり灸院の周辺

おはようございます。

神戸元町の針灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

お天気も良く、少し暖かめの祝日になりそうですね😊

 ***

最近、自律神経失調症やパニック障害で来られた方に、とりあえずまず気をつけること、やらない方がいいことをお話することが増えているので、ブログにも書こうと思います。

明らかな自律神経の症状、動悸や過呼吸っぽい息苦しさ、めまいや吐き気、寝汗やほてりなどがあるときに、やらない方がいいこと。

たとえそれらが少し良くなってきても、気をつけてください。

まずは「断食(だんじき)」です。

これ、けっこうやる人がいるんです😫

体を休めるという発想からか。

食欲が減るから自然とそうなるのか。

低血糖が自律神経の交感神経を興奮させて、症状がひどくなります。

血糖値が下がると、脳から頑張れホルモンが出るので、神経はよけいに緊張します。

動悸やめまい、汗も出やすくなります。

夕方、お腹がすいてきた時間帯に、自律神経の症状が出やすくなるのも、疲労だけが原因ではなくて、低血糖が絡んでいることが多い。

自律神経の症状があるときは、なにかをやり過ぎたりする、極端なことは避けた方がいいです

食欲が無くても、菓子パンでもなんでも、アイスクリームでも、インスタントラーメンでもなんでも、栄養のバランスは横に置いといて、とにかく口に入るものを食べましょう。

まずはそれでいいです🙂

栄養のバランスとかは、もうちょっと元気になったら考えたらいいです。

私の意見ですが、断食は、元気な人がやるものです。

自律神経を病んでいる体には刺激が強すぎる、逆効果です。

やらない方がいいこと、まだ続きます。

Posted by mayaharikyu