• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

自律神経のためにも、人を悪く言うのはほどほどに【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

2022年2月6日自律神経失調症パニック障害

摩耶はり灸院の周辺

おはようございます。

神戸元町の針灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

今朝は0度まで気温も下がって、なかなか布団から出たくなかったです😂

風も強いし冷たいし、雪もチラつくのかな〜???

 ***

たくさんの人が、SNSなんかを通して意見が言える世の名になりましたね。

そしてそういうことが話題にもなる。

ネットでだれだれがこんなこと言ってたよ、とか、あんなこと言ってたよ、とか。

話題にするのは良いのですけど、悪く言ったり、けなしたりばかりになりと、これは自律神経にも大きく悪影響を及ぼす、という話です。

 ***

ニュースみながら、こういうのはアホやとか、ずっと言ってる人いますよね。

あれもこれも、なんやかんやとケチをつける、バカにする。

これをしてると、脳で「自分も悪くいわれないようにやらなきゃ」とか「バカにされないように生きなきゃ」みたいな意識が生まれて、自分を縛りはじめます。

心理学的になんというのかは知らないですけど、こういう意識は、間違いなく自律神経の緊張を生むことになる。

失敗ができなくなる。

バカができなくなる。

これは、自律神経的に、とてもマイナスなことなんです。

 ***

失敗してもいいよ、間違えてもいいよ、バカになってもいいよ、うまく出来ないことがあってもいいよ、人と比べて劣ることがあってもいいよ。

こういうことが許されていることは、とても安心なこと。

そして自律神経の過緊張も起こりにくい。

悪く言ったりバカにし過ぎることは、自分で自分の人生の緊張感を高めているだけのことなんですね。

人のこと、いろいろ言うのもほどほどにしたいですね。

Posted by mayaharikyu