• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

体調悪化は一つの要因に固執しない【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

2022年4月17日自律神経失調症パニック障害

摩耶はり灸院の周辺

おはようございます。

神戸元町の鍼灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

とても気持ちのいいお天気で、良い日曜になりそうです😀

 ***

自律神経の症状にはアップダウンがありますね。

調子が悪くなる原因、いろいろ考えてしまうと思います。

はっきりと苦手なものは、避けたらよいです。

乗り物が嫌とか、美容院が苦手とか、歯医者がダメとか。

でも、特にしんどくなることはしてないときは、たった一つのことが原因になることは、あまりありません。

そんなときの原因、皆さん、3つくらいはありますよ

天気(雨前の気圧)と、緊張感のある用事(歯医者)と、ホルモンバランス(生理前)、とか。

風邪気味(のど鼻症状)と、疲労(忙しい)、寝不足、とか。

心配ごと、痛み(腰痛)、ホルモンバランス(更年期)、とか。

原因になることを見つけて、改めようという気持ちは良く分かります。

でも、一つのことだけ取り上げて、これだけが悪かったのかと追及してみても、あまりプラスにはなりません

体調が良くない原因は、いくつかが重なっているものですし、大抵は自分でも分析しきれるものではないからです。

そして、そういう中で、やっていくしかない、良くなっていくしかないからです😑

はっきりしている苦手なものは、避けたらよいです。

でも、あの店のコーヒーが合わなかったのか?とか、紫外線を浴びたからか?とか、自分の体調に目を向けすぎると、どんなに小さなことでも気になってしまいます。

気になってしまう、つまり思考が過敏になると、自律神経もかえって過敏になります。

自律神経がらみの症状は、大らかな気持ちで自分の体調を受け止めていく、そういう意識も、症状改善のコツなんです😊

Posted by mayaharikyu