• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

めまいを治すと怖がりが治る理由は【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

2022年1月9日自律神経失調症パニック障害

摩耶はり灸院の周辺でコーヒーを持っている

おはようございます。

神戸元町の針灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

今年最初の週も最終日、ファミマのコーヒーLサイズで気合入れていきます😀

 ***

めまいがちな、三半規管が弱い人は、怖がりになる話です。

高所恐怖症だけじゃないです。

いろいろなことが怖く感じやすい

平衡感覚が不安定なのことは、もうそれだけで、怖いものなんです。

自分では意識していなくても、めまい感は、フワフワした感じは、怖さで脳がいっぱいになります。

そんな状態でいると、ちょっとしたことでも、なんでも、怖く感じるんです。

高いイスとか、ビルの高層とかはもちろん、大きな音だったり、暗闇だったり、動物だったり、人混みだったり。

もっと言えば、人の言葉だったり、評価だったり、そういうものも怖くなる。

だから、メニエールやめまい症の人は、性格的に怖がりなだけじゃないことを理解するといいです。

平衡感覚が比較的安定して、めまいの調子が良いと、ビクビクすることも減るし、のびのびとできるものです。

私が今年の抱負の一つに、「失敗を怖がらない」というのが自然に出てきたんですけど、これは平衡感覚の調子が良いからです。

三半規管が安定しているから、失敗を恐れずにやっていこう、なんていう発想が出てくる。

メニエールになったときや、更年期のきついときなら、こんな思考にはなりません。

怖がりは、けっして性格だけではない。

三半規管は脳と密接なので、怖さに敏感になっているということ、覚えておくといいですね。

それでは、楽しい連休をお過ごしください😊

Posted by mayaharikyu