• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

ゆっくりやりたいのに、せっかちになる【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

2022年2月2日自律神経失調症パニック障害

摩耶はり灸院の周辺

おはようございます。

神戸元町の針灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

昨日は夕方に気圧が変でしたけれど、今朝は良いお天気でいい感じです😀

 ***

あなたは、ゆっくりさんですか? せっかちさんですか?

私は自律神経のキャパが少ないので、ゆっくり一つ一つがいいです。

本を読むのも遅いし、料理を作るのも遅い。

ゆっくり丁寧にやるほうが、焦らずに気分良くできます。

それなのに、めまいがきつかったときは、待つのが苦手でした。

ボーっとなにかを待っていると、なんかソワソワして、落ち着かない。

このパターンは、本当はゆっくりさんなのに、早くやることを強いられている人に多いです。

早くパッパとやることが苦手なのに、ずっと早くやらなきゃいけない生活をしてきた人。

息つく暇もないくらい、仕事に追い立てられる生活が何年も続いた人。

小さい頃から、親からや学校で「早くやりなさい」と言い続けられてきた人。

そういう人は、他からのプレッシャーで自律神経の交感神経がずっと高ぶっているので、神経が落ち着かない、待てない、ボーっとできない。

私も自分のキャパ以上にずっとセカセカした生活をしていて、とうとう自律神経がやられてしまって、メニエールやパニックを発症しました。

自律神経の過敏性をおさえていくには、自分のテンポで生活することが必須です。

中には、動画を2倍速でみたり、本も速読されたり、早いペースで動くのが好きで心地よい人もいらっしゃいますね。

でも、当院にいらっしゃる自律神経の過敏性が高く、自律神経症状やパニック症状が出ているような人は、まわりや、自分自身で、自分を早く早くと追い込むクセがついている方が多いです。

行動の一つ一つのテンポを意識してみてください。

テキパキする必要はないです。

のんびりスローにやっていても、楽しそうな人はたくさんいます。

自分が無理して慌ててやっていないか意識して「ゆっくり落ち着いて」とか「ゆっくり楽しもう」つぶやきながら、一つ一つやっていくといいですよ。

クセなので、すぐに変えるのは難しいですけど、少しずつ変わっていきます。

自律神経の改善にとても大事なことなので、チャレンジしてみましょう😊

Posted by mayaharikyu