• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

まだ寒いです~夕方の低体温症【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

2022年2月25日自律神経失調症パニック障害

摩耶はり灸院の周辺

おはようございます。

神戸元町の針灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

まだ今朝は寒かったですけど、昼間はゆるんできそうですね😀

 ***

なんだかこの冬は、寒さが長かった気がします。

夕方に、体が芯から冷えてくる、手先や足先の冷えが痛いほどになる😣

こういう患者さんがまだまだ多いです。

特にお腹が空いていると、血糖値が下がって、冷えが襲ってきます。

日が沈む5時ごろは急に外気が下がりますし、夕飯の仕度のときは胃も空っぽのときも多いので、私は4時くらいにちゃんとおやつを食べるようにしています。

冷えがひどいときは、とにかく甘くて暖かいものがいいですよ。

甘くしたホットミルクとか、外でも自販機でカフェオレを買うとか。

少し血糖値を上げて、胃から温めるといいです。

葛根湯(カッコントウ)もとても効果があります。

風邪じゃないのに、と思われるかも分かりませんが、冷えは立派な自律神経症状の一つです。

漢方は体を中から温めるのがとても得意です。

体ぜんたいが冷えて震えがでるような低体温でしたら、これは覚悟して、一度布団に入って、30分でも1時間でも仮眠してください。

自律神経の緊張がとれて、血流が良くなり、温かさが戻ってきます。

外から体を温め過ぎるのだけ、気を付けてください。

急に熱いお風呂に入ったり、暖房のききすぎている店に入ったりは注意してください。

急な熱刺激は、かえって自律神経の症状を起こします。

2月ももう終わり、春はすぐそこですね😊

Posted by mayaharikyu