• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

自律神経の弱い人は熱中症にもなりやすい【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

2022年7月6日自律神経失調症パニック障害

摩耶はり灸院の周辺

おはようございます。

神戸元町の鍼灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

今朝は湿度がなかなか、ですね。

 ***

自律神経の弱い人は、私も含めてですけど、熱中症にもなりやすい

うすうす気づいている人も多いはずです。

体温調節そのものがヘタクソなんです😅

だって、体温を上げたり下げたりしてくれてるのは自分の自律神経なのに、自律神経が弱いんだから、ちゃんとできない。

だから、変なところで汗はかくのに、大事なときに汗かけなかったり。

必要なときに、体温を逃がすことがヘタになって、熱がこもってしまったり。

熱中症になって、自律神経が弱いことに気がつく方も多いです

たいして暑くない日でも、外ですごすとしんどくなる、気持ちが悪くなる、ひどく汗が出る、動悸がひどくなる。

そんなことが続くと、自律神経が弱っている証拠です。

「今までは暑さに強かったのに、平気だったのに」

でも、体は正直にSOSを出しています。

自分の変化を受け入れて、さっさと暑さ対策しましょう😊


睡眠だけは、いつもより1時間多く寝てください。

暑いと体も消耗します。

子供も夏休みは昼寝しますもんね😁

大人もいっしょですね。

Posted by mayaharikyu