• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

つらい話を聞くとめまいがしてくる【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

めまい耳鳴り

摩耶はり灸院の周辺

おはようございます。

神戸元町の鍼灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

最近は友達と会ってランチしたり、お茶したり、しやすくなりましたね。

更年期くらいの年齢になると、必ずや体調の話になります🤣

私が針灸をしているので、特にそういう話をしやすいということもありますけど。

 ***

ある患者さんも、体調が悪い話を長々と聞くのがとてもしんどい、と言われていました。

習いごとの友達の家に招かれると、病気の愚痴がずっと続く。

自律神経が敏感な人は、共感力も強いので、辛さの感情をそのまま自分のことのように感じてしまいます

なかなか話は終わらないし、2時間が3時間、4時間と、ヘトヘトですね。

「こっちがめまい出そう😓」

自分が’元気だったら病気の愚痴も聞けるけど、こっちが体調が悪くなるなら、そういう集まりは考えものです。

私は短めに切り上げてサッサと帰るようにしています。

というのも、病気の人は、話す方もきっとしんどいに違いないと思うからです。

ダラダラと長い病気の話は、話す方も聞く方も、どっちもしんどい。

私もメニエールのときは、自分のことなのに話すのがしんどかった。

気持ちとしては、体調が悪いからこそ頻繁に会えるものでもないので、会ったときはガッツリ時間をかけたくなるんです。

そして、話す方も聞く方も、クタクタになっちゃうんですよ。

ここは勇気を出して「さっ、そろそろ終わろうか」と言うのは、お互いのためなんです。

短時間なら、話せるし聞けるんです。

会うときは、軽く短めに

会う約束をするときに「軽くお茶しよう」とか「体調があるから短めだけど会おうか」とか、一言そえるのも意識がつくのでいいです。

せっかく時間つくって会うのだから、苦にならないようにしたいですね😊

Posted by mayaharikyu