• めまい・耳鳴り・突発性難聴
  • 自律神経失調症・パニック障害
  • ローラー針ケアとは
  • ブログ
  • 症状ごとの解説
  • ご予約はこちら

めまいで動けないことのマイナスについて【自律神経失調症 パニック障害を克服するコツ】

めまい耳鳴り

摩耶はり灸院の周辺

おはようございます。

神戸元町の鍼灸院、摩耶はり灸院の畑綾乃です。

どんよりしてますが、雨は降らなさそうです。

 ***

長いことめまいを患っている人は気をつけたいです。

めまいは、とにかく頭を動かせないもんだから、動きが最小限になるんです。

運動不足になる。

これが長くなると、あとからボディブローのようにこたえてきます😓

出歩くことが一番しんどいので、足が弱くなる。

歩くことは、頭を上下して降り続けるので、めまいのあるときは、かなりの負担なのです。

それでも用事はあるから車移動になって、歩くことは最小限になりがち。

それと、めまい感があるときは、頭を上から押されている感じで、ついつい首が前に出て、猫背になります。

これは、平衡感覚がフラついているから、首でグッと踏ん張っているからです。

こういうめまい独特の身体への負担が、弱い足腰と悪い姿勢を作ってしまうんです。

だから、めまいが良くなってきたらまずすること。

それは軽い運動です😀

まだまだ頭を下にしたり、回るような動作はできないけれど。

軽い筋トレ、ストレッチ、軽いウォーキングなど、めまいの間にできなかった運動を始めることをお勧めします。

筋肉と骨に適度な負担をかけて、弱ってしまった身体を少しずつ強くしていきましょう。

そして体力もついてくれば、めまいがちなときも、体力が平衡感覚をフォローしてくれる部分もあります。

筋力がつくことで、ふらつきもラクに踏ん張れるようになることもあるんです。

めまいが少なくなる → 動けるから体力が増す → 体のふらつきをコントロールしやすくなる

運動して体力をつけることで、この相乗効果を体感できますよ😊

追伸 : めまいが少なくなって、ある程度動けるようになった方へ運動をお勧めしています。 自律神経が絡むめまいやメニエールは、脳(心)と体の休息が第一選択です。 時期尚早に運動などを始めてしまうと、めまいがひどくなるので、ご自分の今の状態をよく把握してくださいね。

Posted by mayaharikyu